HOME >> ジャンル >> 女性 >> 近代女性文献資料叢書シリーズ

近代女性文献資料
叢書シリーズ
〔全68巻・別巻3〕

■監修 中嶌邦
■増補 A5判/上製
[1992-98年発行]
(各冊分売)

《女と戦争》 全24巻・別1 191,262円
第1回11巻(1〜11巻)
第2回13巻(12〜24巻・別冊1)
《女と職業》 全24巻・別1 221,359円
第1回12巻(1〜12巻)
第2回12巻(13〜24巻・別冊1)
《女と生活》 全20巻・別1 213,000円
第1回10巻(1〜10巻)
第2回10巻(11〜20巻・別冊1)




中嶌邦監修 三大テーマに分けて近代女性の生活と
社会との関わりを知るために必須の文献を集成。


【女と戦争】 第1回 11巻(1〜11)

(1)

戦争と婦人〈三浦秋水、明治37〉/軍国の婦人〈鈴木秋子、明治37〉

定価(本体 7,767 円+税)

(2)

軍国之婦人〈星岡書院編、明治37〉/国と女〈芹沢登一編、大正10〉

定価(本体 8,738 円+税)

(3)

日露戦役婦人の力〈松本恒吉、大正元〉

定価(本体 6,796 円+ 税)

(4)

戦争平和及将来〈エレン・ケイ=著、本間久雄=訳、大正7〉

定価(本体 9,709 円 +税)

(5)

婦人の眼に映じたる世界の新潮流〈井上秀子、大正12〉

定価(本体13,592 円+税)

(6)

母の世紀の序〈伊福部敬子、昭和15〉

定価(本体 7,767 円+ 税)

(7)

戦争と女性〈佐藤信夫、昭和15〉

定価(本体 8,738 円+ 税)

(8)

母性訓:文部省指導要項〈福田寛、昭和17〉

定価(本体 6,796 円 +税)

(9)

戦争と結婚〈西牟田重雄、昭和17〉

定価(本体 8,738 円+税)

(10)

家の道:文部省戦時家庭教育指導要項解説〈戸田貞三、昭和17〉

定価(本体 8,738 円+ 税)

(11)

戦時労務管理〈桐原葆見、昭和17〉

定価(本体 6,796 円+ 税)

【女と戦争】 第2回 13巻(12〜24)

(12)

戦時婦人読本〈国民精神総動員中央連盟編、昭和13〉

定価(本体 8,738 円+税)

(13)

神に祀られた日本女性〈矢沢高佳、昭和13〉

定価(本体 7,767円+ 税)

(14)

戦火の世界一周記〈山田わか、昭和17〉

定価(本体 5,825円 +税)

(15)

婦人労務者保護〈古沢嘉夫、昭和19〉

定価(本体 5,825円+ 税)

(16)

やまとをみな〈三輪田元道、昭和18〉

定価(本体 7,767円 +税)

(17)

月経と作業能力〈桐原葆見、昭和18〉

定価(本体 9,709円+ 税)

(18)

勤労母性保護〈牧賢一、昭和18〉

定価(本体 5,825円 +税)

(19)

戦時下の乳幼児保護問題〈岡崎文規、昭和18〉

定価(本体 6,796 円+税)

(20)

女性の建設〈山高(金子)しげり、昭和19〉

定価(本体 7,767 円+税)

(21)

勤労と結婚〈沢井淳、昭和19〉

定価(本体 4,854円+ 税)

(22)

戦時家政学〈林勇記、昭和19〉

定価(本体 7,767円 +税)

(23)

戦時保育所〈川崎大治(池田政一)、昭和20〉

定価(本体 6,796 円+税)

(24)

国家的母性の構造〈森泰子、昭和20〉

定価(本体 7,767 円+税)

別冊

近代日本における女と戦争(中嶌邦)

定価(本体 1,942円+ 税)

【女と職業】 第1回 12巻(1〜12)

(1)

女子職業案内〈落合浪雄、明治36〉

定価(本体10,680 円+税)

(2)

女子職業案内〈近藤正一、明治39〉

定価(本体 9,709 円+税)

(3)

婦人職業論〈伊賀歌吉、明治40〉

定価(本体11,650 円+ 税)

(4)

活動せる実業界の婦人〈田村江東、明治41〉

定価(本体 7,767 円 +税)

(5)

婦人労働問題〈社会政策学会、大正8〉

定価(本体11,650 円+税)

(6)

婦人職業問題〈増井光蔵、大正10〉

定価(本体 9,709 円+ 税)

(7)

婦人の職業〈増尾辰政、昭和3〉

定価(本体 6,796 円+ 税)

(8)

職業婦人物語〈前田一、昭和4〉

定価(本体 10,680 円 +税)

(9)

女工紹介顛末〈東京地方職業紹介事務局、昭和4〉

定価(本体 6,796 円+税)

(10)

職業婦人を志す人のために〈河崎ナツ、昭和7〉

定価(本体 7,767 円+ 税)

(11)

新女性自活の道〈職業補導会、昭和7〉

定価(本体 7,767 円+ 税)

(12)

婦人労働問題〈請川健蔵、昭和10〉

定価(本体 5,825 円+ 税)

【女と職業】 第2回 12巻(13〜24・別冊1)

(13)

婦人職業戦線の展望〈東京市役所、昭和6〉

定価(本体14,563円+税)

(14)

現代女子職業読本〈経済知識社、昭和10〉

定価(本体11,650 円+ 税)

(15)

東京女子就職案内〈東京女子就職指導会、昭和11〉

定価(本体 8,738円 +税)

(16)

女は働いてゐる〈山川菊栄、昭和15〉

定価(本体 7,767円+ 税)

(17)

職業婦人の医学〈佐藤美実、昭和17〉

定価(本体 8,738円 +税)

(18)

女教員読本〈石川ふさ、昭和17〉

定価(本体 7,767円+ 税)

(19)

転業者及び女子労務輔導〈伊藤博・村中兼松、昭和17〉

定価(本体 9,709円 +税)

(20)

農村保健婦〈川島瓢太郎、昭和17〉

定価(本体 7,767 円+税)

(21)

女子の職場配置〈狩野広之、昭和18〉

定価(本体 8,738 円+税)

(22)

日本の保健婦〈社会事業研究所、昭和18〉

定価(本体 7,767円+ 税)

(23)

女子労務の職業学的研究〈阿部利雄、昭和18〉

定価(本体11,650円 +税)

(24)

女子の職業病〈沢井淳、昭和18〉

定価(本体 7,767 円+税)

別冊

近代日本における女と職業(中嶌邦)

定価(本体 1,942 円+税)

【女と生活】 第1回 10巻(1〜10)

(1)

如何に家計を整理すべき乎〈羽仁もと子、明治40〉

定価(本体 7,000円+税)

(2)

無駄なき生活〈山脇房子、大正5〉

定価(本体13,000 円+税)

(3)

家政講話〈嘉悦孝子、大正5〉

定価(本体10,000 円+ 税)

(4)

婦人の生涯〈高島平三郎、大正4〉

定価(本体14,000円 +税)

(5)

日常生活の改造〈太田梅子、大正9〉

定価(本体16,000 円+税)

(6)

生活改善を基調とせる科学的家事精説〈石澤吉磨、大正11〉

定価(本体10,000円+ 税)

(7)

生活革新の機来る〈三宅やす子、大正12〉

定価(本体 7,000 円+ 税)

(8)

家庭生活の合理化〈塚本はま子、昭和5〉

定価(本体 5,000 円 +税)

(9)

婦人一生の智識〈小島春江、昭和5〉

定価(本体 23,000 円+税)

(10)

農村家政学〈片岡重助、昭和7〉

定価(本体 11,000 円+ 税)

【女と生活】 第2回 10巻(11〜20・別冊1)

(11)

家政新論〈井上秀子、昭和5〉

定価(本体14,000円+税)

(12)

更新家庭生活〈大日本聯合婦人会、昭和9〉

定価(本体 9,000 円+ 税)

(13)

現代婦人百科〈丸岡秀子他、昭和14〉

定価(本体11,000円 +税)

(14)

女性の生活と科学〈峰尾正次、昭和16〉

定価(本体11,000円+ 税)

(15)

新生活の建設〈報知新聞文化部、昭和17〉

定価(本体 9,000円 +税)

(16)

くらしの工夫〈今田謹吾、昭和17〉

定価(本体 7,000円+ 税)

(17)

働く婦人の生活設計〈笠原正江、昭和17〉

定価(本体 6,000円 +税)

(18)

飛騨の女たち〈江馬三枝子、昭和17〉

定価(本体 8,000 円+税)

(19)

戦時生活読本〈太田清文、昭和19〉

定価(本体 8,000円+税)

(20)

働く女性の生活指導〈近藤とし子、昭和19〉

定価(本体 9 000円+ 税)

別冊

近代日本における女と生活(中嶌邦)

定価(本体 5,000円 +税)